オーケストラ・室内楽の制作(DTM)あれこれ

エイとタンチョウ

音楽制作ソフト

オーケストラDTMに必要なメモリ容量は?

投稿日:

先日、音楽制作環境を一新し、久しぶりにWindows&Cubaseに戻ってきました。

新しいマシンを購入する場合、メモリ容量をどうするかで毎度悩まされます。特に、最近のオーケストラ音源はマルチマイク収録が基本で、さらなる大容量化が進んでいます。オケ制作ではどれくらいメモリを積んだらよいのか、私の環境と作業の実感を述べつつ、手持ちのライブラリーのメモリ使用量を調べましたので合わせてご紹介します。PC買い替えの時などの参考になれば幸いです。

現在メモリ32GBで運用中です

私はついこの間までピアノ協奏曲を制作しており、SpitfireのSymphonicシリーズをメインに使っていました。コンチェルトですから楽器数はやや控えめ、打ち込み時は1マイクのみ使い、このときのメモリ使用量がたしか16GBちょっとのはずです。ですからマルチマイクを使わないのであれば32GBで十分。使わない奏法をアンロードするなど節約すれば16GBでなんとか、という感じでしょうか。

仮に64GB積んだとしても……

3マイクフルに鳴らす場合はこの3倍の容量が必要ですのでメモリは64GB欲しいところですが、Spitfireは発音数の消費がかなり多いので(ビブラートなどをクロスフェードさせるため?)、SSDの方も数台用意してディスクへのアクセスを分散させないとまともに再生できないはずです。

私の環境ではSSD2台からサンプルをロードしていますが、2マイクの再生でもストリーミングが追いつかず、再生はプチノイズだらけで実用的ではありませんでした。設定次第である程度改善できるとは思いますが……

ということで、制作段階では1マイクのみ使用し、一通り出来上がったら各マイクの音をオーディオに書き出してからミックスする方法に落ち着きました。Cubaseなら「インプレイスレンダリング」機能を使うと便利。

マイクミックス

簡単に図を描いてみましたが、各マイクごとのオーディオトラックをグループチャンネルに送り、全体的な音量調節が必要になった時はそちらの方でオートメーションを書きます。

話が脱線しましたが、マルチマイクをフルオケで鳴らすのにはメモリ以外の環境構築も必要、という結論に至りましたので、当分メモリは32gbのままで運用することにしています。

オケ音源のメモリ使用量の調査

それでは、先ほど取り上げたSpitfireのオケライブラリーと、参考用にVienna Special Editionのメモリ使用状況を載せておきたいと思います。

Spitfire

“SSO CS Edition”バンドルを購入したため、弦はChamber Strings、管楽器はSymphonic Woodwinds & Brassを使用。打楽器&ハープは“Starter”バンドルで揃えました。

読み込んだのはレガート・スタッカートなど基本奏法を一通り含むパッチ。Chamber Stringsのみレガートパフォーマンス(スラー・ボウレガートなど自動切り替え)も一緒にロードします。

  • 弦……4.24GB
  • 木管ソロ……1.32GB(Fl, Ob, Cl, Fg)
  • 木管a2……1.31GB(同上)
  • 金管ソロ……1.13GB(Tp, Hr, Tuba)
  • 金管a2……1.31GB(Tp, Tb, Hr)
  • パーカス……0.58GB(Timp, Drums Hi&Low, Metal)
  • ハープ……0.22GB

ここまでの合計10.11GB。3管編成以上をやる場合は

  • Piccなど……1.09GB(Picc, CorA, Bcl, Cfg)
  • 金管a6……0.79GB

あたりが必要でしょうか。なおChamber Stringsは小編成ながらスケールが大き目に感じられますので、意外に汎用性があります。もっと大編成のサウンドが必要なときは、Starterバンドルの一部になっていたAlbion ONEの弦を混ぜる予定です。

Vienna Special Edition Vol.1+PLUS

音源自体は非常に軽くロードも速いのですが、リバーブのMIRxなどがないとセッティングが非常に難しくて面倒だし、MIR系はかなり重いので注意。

  • 弦……0.90GB
  • 木管ソロ……0.59GB(Fl, Ob, Cl, Fg)
  • 金管ソロ……0.45GB(Tp, Hr, Tuba)
  • 金管セクション……0.27GB(Tp, Tb, Hr)
  • パーカス……0.06GB(Timp, Drums, Cymbals+Gongs)
  • ハープ……9MB

ここまで合計2.26GB。ですから、以前はメモリ8GBのマシンで難なく動いていました。スケッチ用に優秀……と思いきやドングルが必要なのでノートPCでは使いにくいかも。

-音楽制作ソフト
-, ,

Copyright© エイとタンチョウ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.