オーケストラ・室内楽の制作(DTM)あれこれ

エイとタンチョウ

クラシック

【全曲解説・後編】 ベートーヴェン ピアノソナタの難易度ランクを独自検証

更新日:

ベートーヴェンのピアノソナタの難易度を独自検討して表にまとめ、全曲の解説もつけてみました。前編では難しい方から順に20曲分ご紹介しましたので、こちらの記事で残りの12曲を取り上げたいと思います。全音等の「ソナタアルバム」への収録曲も多く、ピアノ学習者にとっておなじみの曲がちらほら。

前編の記事を読む

難易度一覧

それではもう一度、ピアノソナタ難易度の一覧表を掲載いたします。

難易度一覧

曲順の難易度一覧は以下の通り。

曲別の難易度

今回は中級以下(=D〜Eランク)の楽曲を難易度別にご紹介いたします。

中級ランク

DDD

4番 Es-dur Op.7

同音連打、アルペジオ、多声部処理など、様々な技巧がバランス良く取り入れられています。終楽章は4や5の弱い指を鍛えられるフレーズがたっぷり。

13番 Es-dur Op.27-1

月光ソナタと対となる「幻想曲風ソナタ」で、この曲の形式もかなり自由な構成となっています。難しい部分はもっぱら終楽章の左手に集中しており、テンポ良くはっきりと(もちろんレガートで!)弾いていかなければいけません。弾き込んでいけば大変いいトレーニングになるはず。

17番 「テンペスト」 d-moll Op.31-2

思ったよりも難易度低めの評価になりましたが、見せ場が多い割りに技巧的リスクはほとんどないので、発表会向けでお得な1曲です。2楽章中間部の分散和音が弾きにくく、手の交差も忙しいですが、まったく急ぐ必要はありません(上手くいかなければ、テンポルバートでごまかす裏技も……)。

DD

1番 f-moll Op.2-1

最初のソナタにして、ただ者ではない雰囲気を感じます。1楽章第2主題の不穏な空気や、メヌエットに変わる(これまた不安をかき立てる!)スケルツォ風の楽章があるなど、これまでの古典的なソナタを脱して、新しい時代の幕開けを感じさせる重要な1曲。ピアノ書法的にはまだシンプルで、終楽章のアルペジオは型通りの音型(ツェルニー的?)で弾きやすく演奏効果もバッチリです。

5番 c-moll Op.10-1

前の4曲に比べ、規模的にも難易度的にもコンパクトにまとめられた印象です。調性や楽曲構成面で悲愴ソナタに似ていると思ったら、なんと「小悲愴」のニックネームがついているとのこと。

12番 「葬送」 As-dur Op.26

4楽章制ソナタですが程よい規模で、変奏曲・スケルツォ・葬送行進曲と、ベートーヴェンの美味しいところ満載です。無窮動の終楽章はテンポが崩れがちですので、きちんと制御して弾かなければいけません。葬送行進曲からの慌ただしい終楽章ということで、ショパンの葬送ソナタはこの曲からの影響を大いに受けていると思うのです。

18番 Es-dur Op.31-3

曲自体は大規模な割に、技巧面では意外と平易です。数えてみたところ、変ホ長調のピアノソナタは4曲もあります(ト長調も同じく4曲)。ベートーヴェンお気に入りの調指定で、英雄交響曲や皇帝コンチェルトなど、堂々とした曲想によく使われているようです。

D

9番 E-dur Op.14-1

和声的にあまり古典的な響きがしない、不思議なソナタです。ホ長調というきらきらした調性の効果もあるのでしょうか。3度の分散和音は指が回りにくいので、インテンポで軽やかに弾けるよう訓練が必要です。使われる音域が広いためポジション移動で忙しくなりがちですが、バタバタしないよう軽やかに弾くのがなかなか大変。

10番 G-dur Op.14-2

前の9番とセットになるソナタですが、学習するならこちらから取り組んだ方がよさそう。1楽章展開部で第1主題の動機が頻繁に繰り返される部分は、単なる反復にならないようきちんと楽曲構成を考えて弾く必要があります。

初級上

EEE

19番 g-moll Op.49-1

ソナチネアルバム収録曲。1楽章ずつ単独で学習することが多いと思いますが、憂いのある短調と、同主長調の楽しげなロンドとの対比が魅力的なので、発表会ではぜひともセットで演奏していただきたいところです。

20番 G-dur Op.49-2

冒頭主題はたった2声なのに、堂々と力強い印象を受けます。シンプルなピアノ書法の中にソナタの重要なことが全部詰めこまれているお手本的作品。

25番 「かっこう」 G-dur Op.79

名称は、1楽章展開部にかっこうの鳴き声のような音型が多数現れることが由来になっています。この部分、手の交差が頻繁なので(譜読みもしにくい)リズムキープが難しいですね。リズムといえば、終楽章の3連符のリズム合わせも大変で、子供の頃ピアノのおけいこで随分苦労した記憶があります。

前編の記事へ戻る

-クラシック
-,

Copyright© エイとタンチョウ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.