オーケストラ・室内楽の制作(DTM)あれこれ

エイとタンチョウ

「 ラヴェル 」 一覧

ピアノアイコン

プロコフィエフとその他近代のピアノソナタの難易度ランクづけ

近代のピアノソナタの難易度記事、前回はラフマニノフとスクリャービンについてまとめましたので、今回はプロコフィエフやその他の近代の作曲家の作品の有名どころをピックアップしたいと思います。 プロコフィエフ ...

教会旋法は「井戸振り見えろ」のゴロで覚えよう。各曲の使用例も

「教会旋法」は、簡単に言うと中世の教会音楽のベースとなっていた旋法です。現在、教会旋法というと以下の7つのスケールのことを指します。 長調・短調の考えが確立されてくると、教会旋法は実際の作曲でほとんど ...

ラヴェル風和声でおしゃれなワルツを作ってみる

19世紀末~20世紀初頭は、様々な作曲家が新しい響きを模索していた時期ですが、その中でもモーリス・ラヴェルの音楽は大変親しみやすく、古典的な骨組みをベースとしながらも独創的な彩りや巧妙な仕掛けが曲の随 ...

リゴードン

クープランの墓「リゴードン」など、平行和音を研究してみる

ラヴェルの組曲「クープランの墓」でもひときわ華やかで楽しげな楽曲の「リゴードン」。管弦楽曲版はオーケストレーションの妙技が光るこの曲をラストに持ってきています。 和声の不思議感、面白さに役立っているの ...

ヴァイオリン

自然フラジオレットの早見表、作りました

トップの譜面はラヴェルのピアノ三重奏、4楽章冒頭のヴァイオリンパートです。4本の弦すべてでフラジオレットを鳴らすという、一流プレイヤーも青ざめるような(たぶん!)難技巧を要求しています。 倍音を響かせ ...

ピアノアイコン

ピアノ協奏曲の難易度、勝手にランク付け

先日ピアノ協奏曲を完成させましたが、ふと思いついたのが「有名なピアノ協奏曲の難易度って、どうなっているんだろう」ということ。ピアノ独奏曲については偏差値をつけるなど色々話題にされているところですが、一 ...

Copyright© エイとタンチョウ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.