オーケストラ・室内楽の制作(DTM)あれこれ

エイとタンチョウ

「 管弦楽法 」 一覧

ブラームスの交響曲1&3番から学ぶ、弦楽器のぼかし方

ブラームスというと、いかにもドイツ的な作曲家でオーケストレーションもかっちりとした構成のイメージです。ところが、弦楽器の細かい分散和音による「ぼかし」のテクニックが面白く、その後の作曲家にも少なからず ...

スコアリーディング用に、移調楽器と言語別楽器名をまとめました

2020/09/19   -音楽理論
 

スコアを読む際に一番の障壁となる、移調楽器の扱いを1ページにまとめました。オケスコアを念頭に置いていますが、一応吹奏楽の方のためにサックス系も用意しました。同時に、言語によって楽器名がわかりにくい場面 ...

クラリネット交代の図

「ペトルーシュカ」で学ぶ楽器の交代術と、伊福部管絃楽法での指摘

最近のオーケストラ音源のデモ曲ではよく、シンセのアルペジエイターで鳴らしたように同一音型がずっと続くような楽曲を見かけます。 事実、Spitfireの音源は、確かにOstinatumというアルペジエイ ...

ヴァイオリン

自然フラジオレットの早見表、作りました

トップの譜面はラヴェルのピアノ三重奏、4楽章冒頭のヴァイオリンパートです。4本の弦すべてでフラジオレットを鳴らすという、一流プレイヤーも青ざめるような(たぶん!)難技巧を要求しています。 倍音を響かせ ...

Copyright© エイとタンチョウ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.