オーケストラ・室内楽の制作(DTM)あれこれ

エイとタンチョウ

クラシック

アップライトでラ・カンパネラの連打が弾けなくても、あなたのせいじゃないんです

更新日:

同じピアノでも、グランドピアノとアップライトピアノはメカニックが大分異なるため、「アップライトは性質上限界があって……」という話は、ピアノを弾く方ならどこかで聞いたことがあると思います。私もつい最近まで無頓着だったのですが、ピアノの練習について真剣に考えてみると、確かにアップライトピアノではきれいに弾けないフレーズや、そもそも演奏不可能なフレーズが意外と多くあることに気付きました。

タイトルのリスト「ラ・カンパネラ」の中間部もその一つで、4, 3, 2と指を変えていく同音連打は速度的にアップライトで演奏不可能という結論を出しました(詳しくは後ほど)。

カンパネラ同音連打1

こういうことに気付いていれば、無駄な努力で時間を消費することもなくなるでしょうし、グランドピアノやいっそのこと電子ピアノなども活用して練習を工夫することもできるかと思います。それでは、もう少し細かく見ていきますのでお付き合い下さい。

連打性能の問題

グランドピアノは1秒に14回の連打が可能だと言われています。これに対してアップライトピアノでできるのは1秒で7回の連打、つまりグランドの半分の性能にとどまっています。

回数より重要なのは、グランドピアノは鍵盤が上がりきらない状態から連打できる「ダブルエスケープメント」の仕組みがあることで、速いばかりでなく繊細なコントロールも可能となります。

アップライトピアノは離鍵後、鍵盤が完全に上がったタイミングで連打しないときれいな音が鳴らないため、スピードは出ませんし音量の調整も難しいです。

実際に計算してみた

ピアノの連打性能をミリ秒で計算してみると、こうなります。

  • アップライト(7回/秒)……約143ミリ秒
  • グランド(14回/秒)……約71ミリ秒

これを、先ほどのラ・カンパネラの同音連打と比較してみます。ルバートでテンポが揺れやすい部分ですが、個人的に付点4分音符で速度52がいいところだと思います。この中に音符が12個入るので、音符1つ当たりの時間をミリ秒に直します。

60/52/12*1000=約96ミリ秒

こうなりました。アップライトの限界である143ミリよりもかなり速いスピードです。次に、他の箇所でも検討してみます。2, 1, 5と指を変えるこちらの連打はどうでしょうか。

カンパネラ同音連打2

こちらは付点4分音符で65のテンポとして計算すると、

60/65/9*1000=約103ミリ秒

ですが、やはりこれも厳しい感じ。今度は別の曲で見てみましょう。ラヴェルの「朝の道化師の歌」の、スネアドラムを鳴らすような同音連打です(私のブログは、なぜかラヴェルの出現率が高いような気が。意図的にやっているわけではないのですが……)。

朝の道化師の歌の連打

指定テンポは付点4分音符で92。音符1つあたりの速度は

60/92/9*1000=約72ミリ秒

となり、グランドピアノの限界に迫るという結果になりました。でも、これはあまりに速すぎるので、もっと実践的なテンポ、付点4分音符あたり80として計算すると

60/80/9*1000=約96ミリ秒

でした。「ラ・カンパネラ」の最初に挙げた例と同じぐらいのスピードということですね。やはりアップライトではキツいです。

ところでこの記事を書いているのは2021年7月末、まさに東京オリンピックの真っ只中です。開会式で上原ひろみさんが弾いた曲(Spectrumというタイトルらしい)は、テンポ約84で「ラララララミド……」という7連のリズムが続きます。音符1つあたりの時間を計算してみると

60/84/7*1000=約102ミリ秒

と、こちらもアップライトでは難しい高スピードで弾きこなしているのがわかります。

この演奏は歌舞伎とのコラボでしたが、演出面で「うまくマッチしていたか」どうかはかなり評価が分かれているようです。個人的には、初期の「ちびまる子ちゃん」に出てくる「お刺身に生クリームをつけて食べる」というセリフが浮かんできました。双方大変魅力的なパフォーマンスなのに、なんだかもったいないような……

アップライトで難しい表現は他にも

繰り返しになりますが、アップライトピアノはきちんと鍵盤が上がった状態で連打しないといけません。このため、スピードはそれほど要求されなくても、弱音で同音連打する表現はかなり苦手です。メシアンの「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」の11曲目「聖母の初聖体」で、だんだんと弱くなり最後はピアニッシモで終わる連打がありますが、アップライトだとスカスカになってしまいます。

(楽譜にメモしている運指は気にしないで下さい……多分、指くぐらせせずに54321と弾く方がいいと思います)

他にも、譜例は省略しますが(手抜き)またしてもラヴェルで、夜のガスパール「オンディーヌ」も弱音の同音連打が要求されます。

同じ問題で、バロックの繊細な装飾音やトリル等もアップライトの苦手分野だと思うのです(「自分の技術不足を楽器のせいにするな!」と言われたら、返す言葉もありませんが……)。イギリス組曲の第1番から、爽やかな「クーラント2」の譜例を挙げてみます。

イギリス組曲のクーラント譜例

アップライトだと、高い位置からトリルやモルデントを弾かなければ音が明瞭に鳴らないので、なかなか軽やかにいかなくて……ピアノを勉強する人が、無意識のうちに「ハイフィンガー」奏法(指を高く持ち上げて鍵盤を弾くやり方。脱力の観点から良くない演奏法とされている)になってしまう現象は、アップライトピアノと無関係ではないと思うのですが、いかがでしょうか。

オリジナルピアノ曲公開中

当サイトでは、私の作曲したピアノ曲の音源と楽譜を無料公開しております!

じゃあ、どうすりゃいいのさ

というわけで、こういう箇所はアップライトで練習をしても成果を上げられないどころか、変な癖がついてしまう危険性もありそうです。もちろん、練習にグランドピアノを使えればベストなのですが、たまにしか触れない環境の方がほとんどだと思います。

こういう場合は、電子ピアノを活用することになるでしょうか。ただし、安価なものだと鍵盤のタッチが軽いですし、高級機でも鍵盤の戻ってくる感覚はちょっと違うような気もするので、あくまで妥協案ということになります。使う機会は少ないですが、電子ピアノなら真ん中のソステヌートペダル(特定の音だけ伸ばす)もきちんと再現できますので、そういった練習にも利用できます。

なお、「グランフィール」という、アップライトピアノに取り付けることで、グランドピアノのような機動性を得られる装置もあるそうです。楽器の技術革新もすごいもので、世の中にこんな便利なものが存在するとは驚きです。

余談

タイトルの「ラ・カンパネラ」についてですが、映画でもアニメでも「原作を超える作品はなかなか存在しない」と言われることが多い中、「原作を超えた」作品の数少ない例がこの曲だと思っています。

たった今「原作を超えた」でGoogle検索してみたら「砂の器」が出てきました。映画版はピアノ協奏曲の演奏シーンが有名ですが、原作に出てくる音楽家はなんと、ミュジーク・コンクレート(録音した音を加工する)系の現代音楽の作曲家だそうで、今回初めて知りました。確かに、原作そのままだと視聴者に伝わりにくいかも。

すみません、余談の余談が長くなってしまいました……話を戻して、「ラ・カンパネラ」はパガニーニのカプリースや協奏曲を編曲した「パガニーニ大練習曲」の中の1曲で、ヴァイオリンのための技巧的な曲をピアニスティックにアレンジしています。高音域が豊かに鳴るきらびやかな響きはまさに「鐘の音」で、多くのピアニストの憧れになっているのも納得という感じです。

-クラシック
-

Copyright© エイとタンチョウ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.